ビジネスメールをほぼ毎日のように活用しているが
これを婚活にも使ってみるのが良いかもしれない。

そんなことを考えながらメールで結婚相談所の担当とやり取りしたり
気になってる人いろんなアプローチを試みている。

気兼ねなくライン使うより慎重にメール

今はラインというツールがあるため本当に気軽にやり取りできるようになりました。
友達などとのやり取りはメールよりラインのほうが確かに便利です。
メールだと届いたかどうかの確認は基本的にできません。

開封確認メールをすることはできますが、なんか相手に失礼な感じがして
なかなか使うことはできません。どうしてもってときは使いますが滅多なことでは活用しないのが開封確認のメールですね。

しかし、ラインなら相手が読んだことがすぐにわかる。
既読無視とか既読にしないでも読む方法なんかもありますが
基本的に相手とのやり取りが円滑なのがラインです。


メールだと、慎重に文字を書けるし、長い文章でもOKなのがメリット。
ビジネスで使うのはラインなんて到底無理だから、当然のことながらメールオンリーです。


話し戻って婚活に使うメールですが、
相手とのやり取りをメールで行ってみるということをやってます。


メールアドレスは教えてもOKだけど、ラインはちょっと・・・


そんなケースって意外とあるものです。


その証拠にビジネスで使う名刺にはメールアドレスはあるけど
ラインIDを載せてる人は少ない
です。

ビジネス間満載の名刺だったり、プライベートな場で渡すような名刺なら
ラインのIDを記載してる人もいますが、一般的にはまだまだメールです。

結婚相談所で気になる人へメールでアプローチ


結婚相談所に登録していれば気になる異性が必ずいます。
その人へまずはメール交換からスタートし、何度かやり取りしてからイザお見合いとなります。
メールでも丁寧な対応を心がけることで相手から好印象をもたれます。
逆に、失礼なメールを送っちゃうと一気に高感度が下がるため、注意が必要です。


最初のメールでは自己紹介などを交えながらのやり取りをし
次回以降のメールで相手のことを聞きながら、共通の話題
を探します。

婚活の大事なポイントは相手との共通の趣味を探すことです。
結婚生活をイメージしたときに、同じ嗜好があるということは、大きなポイントになります。

メールなら写真を添付しながらやり取りすることもできるため
上手に活用することで、婚活を勝ち抜くことができるでしょう。

口下手な人なら尚更メール婚活に重点を置くのがオススメです。
とにかく相手から好印象を勝ち得るためのツールとして捉えましょう。